プロフィール

らんしす 多田 夏彦(タダ ナツヒコ)

tadaprofile

肩書き

●セカンドウィンド四日市代表

●三重県ウオーキング協会理事

指導者としての資格

●SWACコーチライセンス

●日本ウオーキング協会公認指導員

市民ランナーとしての自己ベスト

●フルマラソン  2時間45分31秒(2013年5月 洞爺湖マラソン)

●ハーフマラソン  1時間19分26秒(2012年12月 お伊勢さんマラソン)

プロフィール

約5年前にダイエットのためにはじめたランニングで・・・

陸上経験なし、単なるメタボ・・・そんな状態から約7年前に単なるダイエットのためにはじめたランニングでしたが、当初の目的であったダイエットは3ヶ月で15キロの減量と予想外の大成功!

さらにランニングを始めて5ヶ月後に挑戦したハーフマラソンでは1時間半切り、その1ヶ月後に挑戦したフルマラソンでは3時間半切りと、自分でも驚くような好タイムで完走できた事で、自分に生まれてはじめて自信を持てるようになりました。

その後は伸び悩んだりもしたものの、初フルマラソン挑戦から1年後には市民ランナーの勲章とも言われるサブスリー(3時間切り)を達成。

さらにその4ヶ月後にはあの東京マラソンにて2時間50分切りを達成と、自分で設定した目標を達成し、なにものにも代えがたい達成感を重ねていく中で、自分だけでなく多くの人にこの達成感を味わってほしいと考えるようになりました。

「らんしす」そして「セカンドウィンド四日市」の立ち上げ

そんな思いが強くなっていく中で、誰もが楽しくランニングを続けるための練習方法を教えるべく勉強をはじめ、ランニングやウォーキングに関するいくつかの指導者研修などにも参加。

そしてちょっとしたご縁でつながる事となった日本最大のランニングクラブ「SWAC」による指導のもと、ランニングチーム運営の方法について学ばせていただき、2011年8月に「ランナーのオアシスを創る」事を理念にランニングをメインとした個人事業「らんしす」を立ち上げる事となりました。

地元にランニング仲間がゼロという、全く一からのスタートとなりましたが、ブログやfacebookなどを中心としたインターネットによる告知活動がそれなりに成功し、一人一人と地元ランニング仲間が増えてきて、2011年11月にはランニングチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げる事となりました。

順調な立ち上げ期から失敗の連続へ・・・

かなりの不安を抱えながらのスタートとなったランニングチーム「セカンドウィンド四日市」ですが、発足当初からしばらくはなんだかんだでスムーズな船出。

さらにチームを立ち上げてから約1年半年後の2013年5月には、私の現在のフルマラソン自己ベスト2時間45分31秒を洞爺湖マラソンで達成。

その後も徐々にではあるものの着実にチームメンバーは増え、また私自身も2年連続で洞爺湖マラソンにて2時間45分台を記録してと、順調そのもののように思えていました。

・・・がどこかで自分自身慢心してしまっていたようで、その後はチーム運営に行きづまる事が多くなるとともに、自身も故障ばかりが続いて、自己ベスト更新はおろか、サブスリー達成も3年近く遠ざかってしまう事に。

そして2016年11月に挑戦した土山マラソン・フルでは肉離れによる、人生初の途中棄権を経験する事となり、ランナーとしては今どん底の状態にあります・・・

そしてランニングチーム「セカンドウィンド四日市」、そして今年より地域型総合スポーツクラブを目指して活動していく事となった「らんしす」の運営においても課題は山積み。

そんな状況ではありますがこんな状況に至ってようやく、マラソンで培った「絶対に諦めない心」を呼び覚ます事となり、これからはどん底とも言える今の状況から這い上がっていこうと決意したところであります!

現在の目標

セカンドウィンド四日市を立ち上げて6年が経ち、いろいろな経験をさせていただいた中で、今後は下記3つの目標を掲げて活動を継続していこうと考えています。

1.2017年年内にフルマラソン2時間40分切り達成

2014年の洞爺湖マラソンでベスト、セカンドベストとなる2時間45分台を2年連続で達成してから、故障などが続いてサブスリーすら達成できていません。

それどころか2016年11月に出場した土山マラソンでは、肉離れによる人生初の途中棄権の屈辱まで味わう事となりました。

そんな私ではありますが、今後は従来あまりにも取り組みがおろそかであった故障予防に向けた取り組みを重視しながら、フォーム改善、そして少ない時間で効率良く走力アップするためのメニューを実施していくことで、2017年年内の2時間40分切り達成を目指して、練習を継続していきます!

2.日本一の市民マラソンランナー育成システムの確立

そして自分自身で自己ベストを大幅に更新するトレーニング方法を研究、実践する中で本当に効果があると思ったメニューを厳選。

そのメニューを代表を務めさせていただいているランニングチーム「セカンドウィンド四日市」は日頃より仕事やプライベートで忙しいメンバーが多いということで、その厳選された本当に効果のあるメニューだけを実施いただく事で、効率良く走力アップにつなげていただこうと考えています。

またそれらの厳選されたメニューを、チーム活動だけでなく日頃より実践できるような仕組みを、私の得意分野の一つであるITを活用する形でつくる事で、セカンドウィンド四日市独自の市民マラソンランナー育成システムの構築を目指していきます。

3.日本一地域に貢献できる総合スポーツクラブづくり

私がらんしすを立ち上げた理由は、地元四日市の一人でも多くの方々にランニングの魅力を知っていただきたかったから。

そのためにはランニングチーム「セカンドウィンド四日市」の活動だけでは、どうしてもランニングの魅力をお伝えできる方の数は限られてしまいます。

そこで市民ランナー育成システムを構築していくとともに目指すのは、誰もがいつでもどこでも気軽にランニングを中心としたスポーツを楽しめる環境作り。

そしてランニングを通じて、地域の皆さんの健康やつながりづくり、そして地元四日市を中心とした北伊勢エリアの魅力をPRしていける、総合型スポーツクラブの設立を目指しています!!