「第21回ランナーズ24時間リレーマラソンin舞洲スポーツアイランド」にチームサポートとして参加

ここ最近は腰の痛みもだいぶ良くなってきて、いよいよ秋のレースに向けて本格的な練習を実施していける準備が整ってきました。

そんな私ではありますが、なかなか秋のレースでの明確な目標が定まってこず、モチベーションもなかなか高まって来ない状況が続いていたりします。

そんな私でしたが、昨日と一昨日はかなりいい刺激をいただける出来事がありました。

初の24時間リレーマラソンへ

一昨日、昨日は大阪の舞洲まで遠征に行っていました。

その目的は24時間、参加メンバーでひたすらたすきをつなぎ続ける過酷なレース「第21回ランナーズ24時間リレーマラソンin舞洲スポーツアイランド」に参加するため。

第21回ランナーズ24時間リレーマラソンin舞洲スポーツアイランドホームページはこちら

・・・とは言っても、24時間走り続けることの過酷さへの想像がつかず、何があっても万全の対応ができるようにという事で、私はサポート役としての参加で、全く走ることはなく。

それでも昨日、今日の大阪はかなりの炎天下で、気温もかなり上昇し、参加者の皆さんの走りを見ているだけでも、強烈な日差しに心折れそうな状況でした。

気がつけばチームはすっかりガチンコモードに

今回のリレーマラソンには最近セカンドウィンド四日市に入ったメンバーの方から、チームメンバーでない方も同じチームとして参加という事で、団結力にはかなり疑問符のつくチームだと思っていました。

また今回のチームメンバーは競技志向というより、楽しく走りたいという方がメイン。

そのため今回は順位等は一切気にせず(・・・と言っても一応真ん中までに入れればくらいの目標で)、とにかく最後まで怪我なく、トラブルなく、最後までメンバーの皆さんが走り切っていただければと思っていました。

・・・のですが、夜中の2時ごろ(スタートしてから14時間後)になって、走っているメンバーの皆さんの話を聞いていると、226チーム中2桁順位が見えてきたとの事で、気がつけば皆さんなかなかのガチンコモード。

そしてその後は、調子が落ちてきたメンバーの方をフォローしたりと、気がつけばチーム内の団結力もどんどん高まってきているのを感じずにはいられませんでした。

クライマックスに向けてかなりの盛り上がりに

そしてレース2日目も、5時過ぎには日もかなり昇り出して、気温もどんどん上昇。

そしてスタートから18時間が過ぎた6時ごろになると、メンバーの皆さんの疲労もかなりの状況になってきているようでした。

それでもたすきを受け取って走るメンバーの方々は、誰もが全く手を抜く気配もなく、持てる限りの力を存分に発揮。

そうこうしているうちに、順位は少しづつですが、着実に上がっていっていました。

そしてフィニッシュ時間となる正午の1時間前になると、大会参加者やスタッフのテンションも上がりっ放しで、大会の盛り上がりも最高潮。

そしてスタートしてから24時間後の正午、結局最後の最後までメンバーの皆さんには大きなトラブルもなく、無事24時間の長丁場となったリレーマラソンは終了。

結果は約1.4kmの周回コースを197周(約276キロ)、順位は226チーム中、91位と大健闘で大会を終えることとなりました。

メンバーの皆さんのおかげでモチベーションも大幅アップ!

・・・というわけで、今回はチームサポートとして参加させていただいた24時間リレーマラソンでしたが、チームメンバーの皆さんの予想外の快走ぶりになんども目頭が熱くなりました。

またレース結果も予想をはるかに上回る好結果で、チームが一致団結した時の強さを、これ以上ないくらい思い知らされることとなりました。

今回はサポート役ということで、全く走ることはありませんでしたが、そんな皆さんの走りに大きな刺激をいただき、私自身の走るモチベーションも大幅にアップ。

そして今後のセカンドウィンド四日市として新たな活動展開を考えるうえで、大きなヒントもいただけてと、本当に充実した2日間となりました!!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら