伊坂ダムランで実感した坂道ダッシュやヒルトレーニングの練習効果

ここ最近暑さの中走っていたからか、どうやら貧血気味で、ここ最近は走りはじめから呼吸も乱れっぱなしと、早くも秋レースに向け暗雲が漂ってきました。

・・・などと思っていたのですが、今日はここ最近実施していたメニューの成果が、思わぬ形で発揮されることとなりました。

伊坂ダムにて伊坂ダムラン

今日はセカンドウィンド四日市のイベントとして、伊坂ダムにて2時間走イベント。

今日は朝から曇っており、日差しこそ遮られていたものの、かなり蒸し暑く、走るにはかなり過酷なコンディション。

そんな中、セカンドウィンド四日市メンバーの皆さんとともに、伊坂ダム周回コースでのランニングをスタートしました。

伊坂ダム周回コースはアップダウンがかなりきつく、特に上り坂にかなりの苦手意識を持つ私にとって、あまり得意でないコース。

さらに貧血気味でスタート時点ですでに呼吸も乱れがちと、前途多難なスタートのように思われたのですが・・・

上り坂がびっくりするほど楽に駆けあがれるイメージが

伊坂ダム周回コースはスタート直後から結構きつめの上り坂が待っています。

そんな坂道を恐る恐る上りはじめると、予想外に楽に上っていけるのを感じました。

その後も周回を重ねても、度重なる坂道を上っていくのがそれほどきつくなく、明らかに今までの自分の走りとは違うものを感じました。

それほど頑張って走っているわけでもないのに、スイスイ坂道を駆けあがれる感覚を、ずっと感じ続けながら伊坂ダム周回コースを5周、約17.5kmを走りきる事ができました。

坂道ダッシュやヒルトレーニングの成果?

蒸し暑さで汗は大量にかき、決して楽ではないコンディションの中で、坂道を楽に駆けあがれる感覚。

その要因としてすぐに思いついたのが、ここ最近実施していた早朝練習での坂道ダッシュ、そしてセカンドウィンド四日市メンバーと実施していたヒルトレーニング。

この坂道ダッシュとヒルトレーニングは本当にきつく、いつも途中で心折れそうになります。

ただここ最近の暑さの中でも、継続して実施していた成果を、思ったより早い段階で実感できた気がしました!

早くも夏場の練習効果が実感できたという事で

・・・というわけで、今日は伊坂ダムにてこの夏場の早朝練習や坂道ダッシュ、ヒルトレーニングの成果を、予想外に早い段階で実感することができました。

そしてこの調子で今後も早朝練習、坂道ダッシュ、ヒルトレーニングを継続していければ、かなりの部分で上り坂への苦手意識を払拭できる予感が漂ってきました。

ここ最近感じることがほとんどなかった練習での成果を、今日は久しぶりに実感することができたという事で、明日からも貧血に負けず早朝練習を継続していこうと思います!!

 

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら