かもしかハーフ対策のため富双緑地ジョグ+ヒルトレーニングをスタート

今月に入って、明らかに気温が急激に上昇しました。

その暑さは相当なもので、夜は寝苦しく、昼間は生活に支障の出るほどのうだるような暑さ。

そんな暑さの中で、当然ランニングなどしたくはない・・・というのが私自身の本音ではあるのですが・・・

34度の暑さの中富双緑地夕練

今日は朝からとんでもなく暑く、夕方になっても暑さは全く衰える気配もなく。

そんな暑さの中ではありましたが、今日は早朝練習を諸々の事情でサボってしまった事もあり、夕方になって富双緑地公園にて自主練を実施することにしました。

富双緑地公園に到着した時の、車の表示する外気温は、夕方5時としてはまさかまさかの34度と強烈な暑さ・・・

早速心がくじけそうになりましたが、いざ走りはじめると風が意外と強く吹いていて、思ったより気持ちよく走りはじめることができました。

夕練の一番の目的は暑さ対策

今日まだまだ暑い時間帯に夕練を実施することにした一番の理由は、自分の大きな弱点の一つである暑さ対策。

今年の夏はとんでもなく暑くなりそうな気配で、特に8月9月の2ヶ月間はとんでもない暑さが続くとの予報も出ています。

10〜11月に続く秋のレースでいい走りをするためには、8月9月の時期にしっかり走り込みを行う必要があるわけですが、そのためには7月のうちに暑さに身体をしっかり慣らしていかなければなりません。

また今の時期から暑さに身体を慣らしておけば、暑くなる可能性が高いかもしかハーフにおいても有利に傾くのは間違いありません。

・・・というわけで、今後もまだまだ暑さの残る中での夕練を、今後月曜日と水曜日、そして土曜日あたりに組み込んでいこうと思っています。

富双緑地の坂道を使ってヒルトレーニング

そして6キロほど富双緑地公園をジョギングした後は、芝生の坂道を利用してのリディアード式ヒルトレーニングドリル+坂道ダッシュを3セット。

1つドリルを終えるごとに呼吸はとんでもなく乱れ、身体全体を大きく使うドリルの連続で、脚筋やお尻周りの筋肉にはかなりの負荷がかかりましたが、実施後は明らかに坂道を力強く駆けあがれるイメージがわいてきます!

このリディアード式ヒルトレーニングを続けることができれば、苦手意識の強い上り坂対策にも十分すぎる効果が期待できそうです!

かもしかハーフに向けて万全の暑さと上り坂対策を!

先日セカンドウィンド四日市で実施したかもしかハーフコース試走で、あらためて痛感したのが、早い段階から私自身かなり苦手意識の強い暑さと上り坂対策を実施しておく必要があるという事。

その苦手意識を取り除くためには、ショック療法的にとんでもなく暑い中で、上り坂を身体全体を大きく激しく使って駆け上がるのがベストの選択肢では・・・(?)

・・・という事で、まだまだこれから暑さは酷くなっていきそうな気配ですが、今後も定期的に富双緑地での夕ジョグ+ヒルトレーニングをメニューに組み込んでいこうと思っています!!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら