7月末の3000mタイムトライアルでの目標を10分切りに設定したということで・・・・

6月も後半となりましたが、私が6・7月の2ヶ月で最も重視していきたいのがスピードの強化。

そしてそのスピード強化の成果をはかるべく、7月末に我らがチーム「セカンドウィンド四日市」で実施する3000mタイムトライアルに私自身も挑戦する事に決めました。

そしてせっかく挑戦するなら、明確な目標は設定しておきたいという事で・・・

目標は3000m10分切り

そんなわけで7月末の3000mタイムトライアルに挑戦する事にした私ですが、先日の記事でも書かせていただいたとおり、今まで生まれてこのかた、3000mを本気で走ったことは一度もありません。

そのためタイムがどれくらいになるのか、正直皆目見当もつきません。

ただ基本的に少し無理めの目標を設定しないと、やる気に全く火がついてくれない私。

そこで7月末の3000mの目標タイムを9分台とかなりきつめに設定する事にしました。

3000mで9分台を出すためには・・・

3000mで10分を切るためには、1キロを3分20秒より速いペースで走らなければなりません。

ただ現状の私、このキロ3分20秒ペースで1キロすら走れるかどうかもかなり怪しく、また7月末はかなり暑くなりそうで、厳しいコンディションの中での走りになる事が予想できます。

そんなきついペースで、そしてきついコンディションの中で3kmを走り切るには、今から1ヶ月ちょっとの間にかなり力をつけなくてはなりません。

坂道ダッシュの継続でスピード強化につなげよう

ただ今の私はと言えば、腰の状態はまだ万全とまでは行かず、しばらくトラックでのスピード練習は極力やめておこうと思っています。

そんな私が3000m9分台を本気で目指すために、最重要視していこうと思っているのが、早朝練習での坂道ダッシュ。

坂道ダッシュは着地衝撃が抑えられる上り坂のみペースを上げて走る練習という事で、腰への負担はそれなりに軽くなると思われます。

そして坂道ダッシュでは上り坂を速いペースで駆け上がるために、自然と身体全体を大きく使った走りになり、スピードの出やすいフォームづくりにもつながっているのを実感しています。

そして坂道ダッシュでは短い距離でも心肺に大きな刺激を入れられと、短時間で多くの練習効果が見込めます。

これからますます暑くなってきそうですが・・・・

・・・というわけで今日の早朝練習でも、志氐神社までのジョギングの後、近くの坂道を利用して坂道ダッシュを5本。

今日は朝からかなり蒸し暑く、4本目からはとにかくきつく、坂道を駆け上がった後はふらふらの状態でしたが、なんとか5本を走りきって終了する事ができました。

明日からもほぼ毎日のように、今日のような蒸し暑さの中、きつい坂道ダッシュを続けると思うと、少しゾッとしてしまいます・・・

ただこの夏場のうちにスピードを磨いておけば、秋からより質の高い練習が実施できることは間違いないということで、明日からもしっかり坂道ダッシュを継続していこうと思っています!!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら