自主練再開に向けたウォーミングアップ(?)のため滋賀県野洲市へ遠征・後編(城山・田村神社)

これからの自主練再開に向けたウォーミングアップ(?)のためにセカンドウィンド四日市メンバーの方にご案内いただいて実施する事となった滋賀県野洲市遠征。

近江富士ではその傾斜のきつさに、そして希望が丘文化公園のクロカンコースではそのコースの単調さに心折れそうになりましたが、その後さらに向かった先はと言いますと・・・

自主練再開に向けたウォーミングアップ(?)のため滋賀県野洲市へ遠征・前編(近江富士・希望が丘文化公園クロカンコース)

2017.06.11

トレラン初心者にもオススメな気がした城山登山

希望が丘文化公園のクロカンコースをコースアウトして向かった先は、公園のすぐ南にある名前も知らない小さな山(あとで城山という山だった事が判明)。

それほど標高もなさそうな山・・・となめてかかっていたのですが、よくわからず登り始めた山は、予想外に地形の変化に富んでいて、走っていても楽しく、近江富士に比べるとトレラン初心者の方でも走りやすそうなコースでした。

そんなコースを楽しく走り進めていくうちに、展望台らしきところに到着。

「こんな山にも展望台があるんだ(少し失礼)」と思いつつ目を向けてみると、こちらの展望台の方が近江富士より琵琶湖に距離が近く、予想外の絶景が広がっていました。

そしてさらに進んでいくと、山頂のすぐ近くには城山の神様が祀られていました。

そこにはなぜか謎の携帯電話も祀られて(?)いました・・・

そして城山の山頂からは、希望が丘自由公園のクロカンコースや陸上競技場などが一望できてと、これまたなかなかの絶景でした!

ちなみにこの城山付近には他にもいくつかの山が連なっていたのですが、他の山に登るのは時間の関係で次回の機会にお預け。

・・・ということにして城山を回り道などを楽しみながら下山して、スタート地点の希望ヶ丘自由公園に到着。

今日は結局近江富士(三上山)→希望が丘自由公園→城山と休憩を入れつつ3時間半近く身体を動かし続ける事ができ、程よく(?)明日からの自主練に向けてのウォーミングアップが完了しました。

後厄の厄落としため田村神社へ

そんなセカンドウィンド四日市メンバーの方との楽しい野洲遠征を終えた後は、私一人で土山マラソンのスタート地点付近にある田村神社へ。

田村神社には厄除けの大神「坂上田村麻呂公」が祀られていて、私の周囲にも多くの方が厄年の時にこちらへ厄落としに行かれています。

私も昨年は本厄だったからか、いろいろな意味で不運な事が続いたのですが、昨年末遅ればせながらこちらで厄落としに参拝に行ったところ、その後はなぜか平和な出来事が増えた気が。

そして今年は私、後厄という事で、もう一度厄を落としていただこうと田村神社の鳥居をくぐっていくと、なんとも厳かな雰囲気が広がっていました。

福豆で後厄の厄落としも完了

田村神社には厄除けのための「福豆」というものが、200円で販売されています。

その福豆の中には数え年分の豆が入っていて、この福豆を写真の橋の上から、境内を流れる御手洗川に落とすと、厄落としになります。

・・・というわけで昨年に引き続き、今年は後厄の厄落としとして福豆を落として無事今年の厄除けは終了。

これでもう私の厄は明けたものと決めつけることにしました!

自主練再開に向け準備も万全という事で・・・

今日の滋賀県遠征では、近江富士や城山で十分すぎるほど心肺や脚筋に刺激を入れ、そして後厄のお祓いもしてと、充実の遠征となりました。

そしてセカンドウィンド四日市の新たな練習場所候補地を発見できた、という点でも大きな収穫となりました。

そんな遠征を無事終えて、明日からの自主練再開に向けての準備は万全。

今日は3時間半近く身体を動かし続けても、腰はほとんど痛まず、もはや自主練再開に向けて不安はほとんどなしという事で、明日からこそは秋のレースに向けての自主練を再開していこうと思います!!

自主練再開に向けたウォーミングアップ(?)のため滋賀県野洲市へ遠征・前編(近江富士・希望が丘文化公園クロカンコース)

2017.06.11

スポンサードリンク