ニューランニングシューズ「ミズノ ウェーブソニック」の第一印象(履き心地)はかなり良好!

昨日より実戦投入されることとなったランニングシューズ「ミズノ ウェーブソニック」。

定価でも1万円以下とランニングシューズとしてはかなり安価。

加えて現在Amazonで購入すると、まさかの6000円代前半で購入できるという事で、試着も一切せず「ダメならダメで仕方ないか・・・」などと思いながら購入した「ミズノ ウェーブソニック」でしたが・・・

まずは予想外のフィット感と軽さが心地よく

昨日の早朝練、そして今日の伊坂ダム練習と早速ランニングで履いてみる事にした「ミズノ ウェーブソニック」に足を入れてまず気づいたのはフィット感の良さ。

今まで履いたことのある定価1万円以下のシューズでは、どうもシューズが足にフィットしていない感があり、私が好調時に走り込みシューズとして履いていた「ミズノ ウェーブイダテン」シリーズもこのフィット感だけが気になっていました。

・・・のですがウェーブソニックでは「DinamotionFit」なるフィット感の良いメッシュ素材を前足部に使用しているらしく、シューズが足を包み込んでくれるような感覚がありました。

そしていざ走り始めてみると、予想していた以上の軽さを感じ、スイスイ足運びできている感覚がありました。

体重移動のスムーズさは特筆もの

そして今回このシューズを購入した一番の目的と言える「フラットソール」の実力をみていきますと・・・

今回購入の大きな決め手となったフラットソールにより、着地時の接地面が広くなるおかげで、左右に無駄な力が逃げず、安定した走りが可能。

その事により私の走りの生命線と個人的に思っている「足裏の後ろから前への体重移動」が、さらにスムーズになり、楽に前へ前へ走り進めていける感覚がありました!

最初は着地時に土踏まずの部分に違和感があったものの・・・

足へのフィット感も良く、軽さも十分、そして前への重心移動もかなりスムーズ!

・・・と期待以上の性能を最初から見せてくれたウェーブソニックですが、走りはじめてしばらくは、「土踏まずの部分が浮いてしまっている」感があり、なんとも言えない違和感を感じていました。

ただインソールが足に馴染んできたからか、今日の伊坂ダム練習ではほとんど違和感を感じませんでした。

Amazonには「初心者」と書いてあるけれど・・・

このシューズを購入した時に、Amazonでは上の写真のような表示が出ていました。

スペック的にどう考えても初心者向けとは思えないけど・・・などと思っていたのですが、実際走ってみて思った感想は「やはり初心者向けではない」という事。

実際走っている時の着地感は、ミズノのランニングシューズの特徴とも言えるのですが「カチッと」した感じで、それほどクッション性が高いようには感じませんでした。

この事自体、私にとっては何の問題もないのですが、初心者の方が履くには少し不安があるような気がします。

ただこれからフルマラソン4時間切りを目指すくらいのランナーの方であれば、十分なクッション性を備えている事は間違いなく、セカンドウィンド四日市メンバーの皆さんにも早くも積極的にオススメしていたりしています。

まだまだあるらしいウェーブソニックの魅力

・・・というわけで、早くもそのポテンシャルの高さを見せてくれているウェーブソニックですが、ホームページをみてみると、他にも見逃せないポイントが盛りだくさん。

ウェーブソニックホームページはこちら

まだその全てを実感はできていないものの、今後このウェーブソニックを履き続けていく中で、気になった性能については当ブログでも紹介していければと思っています!!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら