新しい走り込み用ランニングシューズ選びのキーワードは「フラットソール」

ここ4年ほど、とにかく故障が続いている私、今度こそは故障予防のための対策が急務となっています。

昨日のセカンドウィンド四日市勉強会で走り始めた頃のフォームで走った方が、故障につながらない可能性が高い事が判明しました。

・・・というわけでこれからしばらくは、走り始めた頃の自分のフォームに戻していこうと思っています。

そしてもう一つ、走り始めた頃に戻そうとしている事がありまして・・・

故障予防のためにはランニングシューズ選びも重要

先日の日曜日の勉強会の後、走り始めた頃の走りを意識して走ってみたところ、楽にグイグイ前に進める感覚があり、かなりしっくり来る走りができていた気がしました。

セカンドウィンド四日市勉強会でベストのランニングフォームを見い出すためのヒントを得ました!

2017.06.04

その理由は本来の自分の走りに戻したから・・・という事もあったと思うのですが、もう一つが「アシックス スカイセンサージャパン」を履いていたことにもあると思っています。

このスカイセンサージャパンは、私が今所有しているランニングシューズの中では、8年選手と最古参シューズではあるのですが、所有している他のシューズにない特色を持っています。

故障予防の鍵はフラットソール?

アシックスのスカイセンサーシリーズの最大の特徴は「フラットソール」

フラットソールとは「土踏まず付近でソール素材が分かれていないソール」のシューズの事。

最近はほとんどのランニングシューズが土踏まず付近で素材素材が分かれている「セパレートソール」で、フラットソールのランニングシューズは結構珍しかったりします。

ちなみにこのフラットソールは「ピッチ走法の方」もしくは「足裏全体で着地する方」にオススメと言われています。

また足裏や脚への負担はフラットソールの方が軽減されるというのが、一般的によく言われているところで、故障を予防するためのランニングシューズを探している現在の私にはかなり魅力的なポイントと言えます。

実際このフラットソールのランニングシューズで走り込んでいた時は、故障らしい故障もほとんどなし。

そう考えると、フォームだけでなくランニングシューズも、これを機にフラットソールにしてみる価値があるような気がしてきました!

今回新調するランニングシューズはフラットソールに決定!

以前記事に書いた事があるのですが、私がここ最近購入したシューズはグリップが良すぎるものばかり。

その事が蹴りの強すぎる走りに、そして故障につながってしまっている気がしていました。

そんな強くなってしまった蹴りの強い走りを改善するためにも、グリップはそれほどよくない気がするフラットソールのシューズを選ぶのが正解な気がしてきました!

・・・というわけで、実は1点だけ引っかかっている部分こそあるものの、故障を予防しながらある程度走り込みたい今の時期を乗り切るために、フラットソールのランニングシュースはかなり魅力的!

そこで今回秋のレースに向けてのトレーニングを再開するにあたり、まず購入するのはフラットソールのシューズに決めました!

そして実はもう購入するシューズも決定したのですが、そのシューズについて詳しくは後日記事にしていきたいと思います。

 

フラットソールのランニングシューズの代表格・スカイセンサー

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら