いびがわマラソン2017エントリーは30分で定員に達した模様です

腰の故障も癒えて、今度こその再起を目指す秋の本命レースは11月12日(日)に開催されるおかやまマラソン。

・・・と6月20日以降にしか抽選結果が分からないおかやまマラソンを、もはや勝手に本命レースとして設定している私の事はさておき、今日は夜8時より、同じく11月12日(日)に開催の東海屈指の人気レースのエントリーが開始されました。

いびがわマラソンのエントリーは30分で締め切り

画像:いびがわマラソンホームページ

今日は11月12日(日)岐阜県揖斐川町にて開催される人気マラソンレース「いびがわマラソン」のエントリーが20時よりスタート。

毎年エントリー開始からエントリー希望者が殺到し、あっという間に定員が締め切られる事で知られ、昨年は31分でエントリーが締め切られたいびがわマラソン。

今年も早い段階でエントリーが締め切られる事が予想されていたいびがわマラソンですが、今年は30分で締め切られたとの事。

twitterなどをみていると、締め切られる30分間の間、一度もエントリーページにつながらず涙をのんだ方も多くいらっしゃったようですが、無事エントリー合戦に打ち勝たれた皆さま、本当におめでとうございました!

フルマラソンデビュー戦となったいびがわマラソン

私がランニングをはじめたのは2009年5月の事。

そして走り始めて早々にフルマラソンに挑戦する事を決めました。

その私のフルマラソンデビュー戦となったのが、11月に開催された「いびがわマラソン」。

友人に誘われて、とりあえず挑戦してみよう・・・くらいの軽いノリでまだ走りはじめて1カ月足らずの時期に、フルマラソンにエントリーする事となりました。

当時は今ほどのエントリー合戦はありませんでしたが、それでもかなり評価の高かったいびがわマラソン。

そんないびがわマラソンの運営は本当に素晴らしく、沿道の応援は本当にあたたかく、途中足をつりそうになったりしながらも、本当に気持ちよくはじめての42.195キロを完走することができました。

そしてゴール後は、今までの人生で感じたことのないような極上の達成感を味わうことができました。

そんないびがわマラソンでの初フルマラソンの記録は3時間19分37秒。

この時に得た、自分への大きな自信は、間違いなく自分の人生の中で大きな転機となりました。

走歴9年目は絶対に上り調子の年にしていこう!

そんな人生の大きな転機となったいびがわマラソンのエントリーから、早いものでもう8年。

毎年いびがわマラソンエントリーの日は、自分の走歴がどんどん積み重なっていっている事を思い出す日となります。

そしてそう言えば今月で私の走歴が9年目に突入していた事に、今日今更ながら気づかされる事となりました。

ちなみに私の走歴を振り返ってみると、最初の4年間は上り調子、そしてその後の4年は下り調子。

この周期から考えると、これから4年間は上り調子になっていってもいいのでは・・・というより絶対上り調子にしていかなければならない気がしてきました!

そんな上り調子の9年目にするための再起のレースとして本命視されているのが、初フルマラソンと同じく11月の2週目の日曜日に開催されるおかやまマラソン。

そのおかやまマラソンの抽選結果がどうなるかは分かりませんが、ここまでの流れから見て、当たる気しかしていないという事で、楽しみに6月20日以降の抽選結果発表を待ちたいと思います!!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら