秋の人気フルマラソンレース(おかやま・大阪・神戸)の競争倍率が出揃いました

先日今度こその再起に向けての秋のマラソンレースとして、「おかやまマラソン」と「大阪マラソン」の2つのレースにエントリーしました。

この2つはどちらも抽選で当選しないと、出走することすらできない大会。

特に現在最も本命レースに近い大会と考えているのが「おかやまマラソン」なのですが、昨日その抽選倍率が発表されました。

おかやまマラソン2017の競争倍率は?

画像:おかやまマラソンホームページ

今回おかやまマラソンの一般枠にエントリーしたランナーの人数は24,229人(岡山市民県民優先枠 8,695人)含む。

それに対して一般枠の定員は13,000人。

今年の競争倍率は1.86倍と、昨年の1.69倍より微増しています。

ちなみに一昨年の競争倍率は1.54倍と、他の都市型マラソン大会に比べると低い倍率ではありますが、ここ最近競争倍率が年々落ちてきている大会が多い中、年々競争倍率が上がってきているのは本当にすごいことだと思います!

第7回大阪マラソンの競争倍率は?

画像:大阪マラソンホームページ

そしてもう一つエントリーしている「大阪マラソン」の一般競争倍率は4.11倍。

年々競争倍率が下がってきている事が、昨年のニュースで取り上げられた大阪マラソン。

今年は11月末と走りやすい時期に開催という事で、競争倍率が大幅に上がるのでは・・・などと思っていたりしたのですが、昨年の競争倍率4.23倍(一昨年は4.37倍)からわずかながらダウンすることとなったようです。

・・・とは言っても4倍を超える競争倍率ということで、こちらの方は狭き門となりそうです。

ついでに第7回神戸マラソンの競争倍率は?

画像:神戸マラソンホームページ

そして直前でエントリーをやめることにした「神戸マラソン」の一般競争倍率は3.73倍。

私の周囲のランナーの皆さんからの評判はすこぶる高い神戸マラソンですが、こちらも昨年の競争倍率3.73倍(一昨年は4.33倍)から、本当にわずかながらのダウンとなったようです。

あとは当選発表を待つばかり

・・・という事で私も2大会エントリーしている秋のマラソンレース、エントリーも締め切られ、競争倍率も発表されてと、あとは抽選結果を待つばかり。

ちなみに当選発表はおかやまマラソンは6月22日(火)〜、そして大阪マラソンは6月半ばとの事。

この抽選結果次第では、また秋の本命レースを選び直し・・・という事になってしまいますが、私自身運はかなりいい方なのでまず当選するだろうという事で、そろそろ11月12日(日)のおかやまマラソンに向けた練習をスタートしていこうと思います!!

 

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら