最強の動画編集ソフト「Premier pro」でランニングフォーム動画編集をバージョンアップしていこう!

Featured Video Play Icon

5月も後半に差し掛かっていますが、昨日よりセカンドウィンド四日市メンバーの皆さんのランニングフォーム動画撮影をスタートしました。

セカンドウィンド四日市について詳しくはこちら

昨年もメンバーの皆さんの故障予防などを目的に実施していた、メンバーの皆さんのフォーム動画撮影。

せっかく昨年に引き続き継続させていくのであれば、今年はよりメンバーの皆さんのフォーム改善につながる取り組みにしたいところ。

そこで今年は動画編集ソフトをプロ仕様の「Premire Pro」にバージョンアップして、昨年の動画からいくつかの改善を加えていこうと思っています。

「Premire Pro」とは

画像:adobe ホームページ

「Premire Pro」はフォトショップやイラストレーターなどデザイナー向けソフトで有名な「Adobe社」からリリースされているソフトで、動画編集ソフトの代表格的な存在です。

Premire Proについて詳しくはこちら

この「Premier Pro」は映像のプロの方にも愛用者が多く、驚くほどバリエーションに富んだ編集が可能な分、最初は少しとっつきにくい印象のソフトでした。

ただある程度操作に慣れてくると、かなり扱いやすいソフトといえ、慣れさえすれば、パソコン初心者の方でもじゅうぶん扱えるソフトのような気がしています。

チェクすべきポイントにラインを入れる

今回編集ソフトを「Premire Pro」に変更して、最もやりたかった事は、メンバーの皆さん(および自分)に意識してほしいポイントに目印となるようなラインを入れる事。

具体的には「腕振り」「着地時の姿勢」「上下動の幅」「左右の蹴り出し幅(私自身の一番の課題だと思っているところ)」「左右のブレ」の5つのポイント。

今回は自分のフォーム動画にラインを入れてみたのですが、予想以上に自分の走りのクセなどがわかりやすくなった気がしました!

チェックすべきポイントを拡大表示する

そして「Premier Pro」に変更して、もう一つやりたかったのはmメンバーの皆さんに意識してほしい身体の部位を、部分的に拡大表示する事。

「Premier Pro」では動画の一部分だけをピンポイントでズームにするようは編集も、驚くほど簡単にできたりします。

具体的に今回の動画では、着地時のつま先の向きをチェックするために、足周辺だけズームにしてみたのですが、将来的には他の部位にもこのズーム機能を活用していこうと思っています!

他にもアイディア次第でいろいろな編集ができそうな気配

他にも今後使用していく「Premire Pro 」には、映像のプロもが使用するソフトという事で、驚くほど多くの編集機能があります。

その機能の全てを覚えきるにはかなりの時間がかかりそうなうえ、趣旨がずれていってしまいそうなため、必要最低限の機能の活用にとどめようとは思っています。

ただメンバーのフォーム改善に向けて、面白そうな動画編集アイディアを全て実現できそうなこの「Premire Pro」のポテンシャルはかなりの魅力!

これからメンバーの皆さんのフォームを数多く編集を数多くしていくことになるわけですが、その中でこのソフトのランニングフォーム動画編集でのポテンシャルをどんどん引き出していきたいものです!!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら