現在のメインカメラ「iPhone7」のビデオ撮影性能を調べてみました

画像:appleホームページより

今月月初よりYoutubeチャンネルを初めてみたわけですが、現状では動画編集ソフトの操作方法を覚えるために見切り発車でスタートした感があり、まだまだ一つ一つのコンテンツの完成度の低さは否めません。

そしてここにきて、動画作成の基本的な知識を全くと言っていいほど勉強していない事が、大きな障壁となってきている気がしてきています。

まだ駆け出しではありますが、動画コンテンツを作ってみれば作ってみるほど、そのポテンシャルの高さを私自身痛感する事となっており、今後はもっと積極的に動画に関する知識をしっかり勉強していきたいところ。

そこで今後は動画の基礎的な知識を勉強した事も、このブログに備忘録的に書いていく事にしました。

今回はiPhone7の動画撮影性能をチェック

今回まず勉強する事にしたのは、現在私が動画(写真も)撮影用として、メインのカメラとして使っている「iPhone7」の動画撮影性能。

iPhone7の最大の利点は何と言っても持ち運びのしやすさ。

私の場合、今も今後も一番撮影したいと思っているのは、ランニング時に出会った地元の魅力あふれるシーン。

・・・となると持ち運びのしやすさは、何より最優先されるべく要素のため、しばらくの間はこのiPhone7が私の動画撮影用メインカメラとなりそうです。

ちなみにこのiPhone7、素人目に見ても写真はかなり綺麗に撮影でき、動画も下手なビデオカメラに劣らない気はしていました。

そこでiPhoneのカメラのスペックをホームページで調べてみると、いろいろ書かれていました。

スクリーンショット 2017 05 17 10 12 55

画像:appleホームページより

なんと4K画像も撮影可能

iPhone7のメインカメラではHD画像、フルHD画像、そして噂でなんとなく聞いていた気もするのですが4K画像までが撮影可能。

ただどう撮影すれば4K画像で撮影できるのかは、よくわからないので、また調べてみたいと思っています。

また自撮りなどで使用するインカメラでも、フルHD画像を撮影できるとの事。

下手なビデオカメラより、はるかに高いスペックと言わざるをえません!

手ぶれ補正機能も高性能

そしてiPhone7では手ぶれ補正機能もかなり強化されていて、よほど激しくカメラを動かさない限り、なめらかな映像が撮影できるとの事。

ちなみにホームページでは、映画レベルのビデオ手ぶれ補正と書かれています。

この手ぶれ補正機能も、走ったり歩いたりしている途中の景色を撮影する事が多い私にとって、かなりありがたい機能と言えます!

オートフォーカスも高速

これからランナーを撮影する事が多くなるであろう私の場合、画質とともに気になるのが「オートフォーカス機能」。

以前トラックを走っているメンバーを撮影するときなどに使っていた一眼カメラ(かなり安価なもの)では、ランナーにピントがあってくれず、肝心なメンバーの走りがピンボケしてしまっていました。

そんなピンボケを防ぐべく、撮影したい対象に自動的にフォーカスを合わせてくれる機能が、オートフォーカス機能となります。

そのオートフォーカス機能、iPhone7では高速で撮影対象にフォーカスを合わせてくれるとの事で、以前の一眼カメラでよくありがちピンボケランナー画像からはかなりの確率で脱却できそうな気配です!

唯一の難点はズーム機能?

他にもホームページを見るといろいろな性能が書かれていますが、今の私の場合、上記3つの機能があれば、ほとんどの場合で思いどおりの映像が撮影できる気がしています。

ただしいて一つ難点を挙げるとすればズーム機能。

iPhone7のズーム機能はデジタルズーム最大5倍。(ホームページに書かれている光学ズーム最大2倍・デジタルズーム最大10倍はiPhone7 Plusの性能のようです・・・)。

このズーム機能、私の場合結構ありがちな遠くから走ってくるランナーを撮影するときに、かなり重要な機能なのですが、少し物足りないスペックと言えます。

また私の場合、スキルが伴わないため、ズームのためのピンチ操作(画面を2本指でタッチして、間を広げる操作)をすると、不自然なズームになるうえ、とんでもな手ぶれが発生する事があります。

普段より持ち歩けるスマホとしては十分すぎるスペックという事で・・・

・・・とズーム機能についてだけ少し難点を感じてはいるものの、日常より持ち歩いているスマホでこれだけの機能があるのであれば、当分の間のメインカメラはこのiPhone7で十分すぎると言えるスペック。

またズーム機能についても、おそらく何か対策は考えられるであろうという事で、これからしばらくはこのiPhone7のカメラにてビデオ撮影技術をしっかり磨いていきたいと思います!!

スポンサードリンク