足神さんにてセカンドウィンド四日市メンバーと私の足の無事を祈願してきました

Featured Video Play Icon

前回の記事で書かせていただきましたが、昨日は三重マスターズ陸上選手権大会を観戦に伊勢まで行ってきました。

三重マスターズ陸上選手権を観戦に伊勢まで行ってきました

2017.05.14

そして伊勢に向かった目的のもう一つは、やはりお伊勢さん参拝。

GW中はすぐ近くの神宮会館に行っておきながら、スケジュールの都合で行けなかったお伊勢さん参拝を、今回は無事行う事ができました。

そして参拝を終えた後は、ランナーならお伊勢さん参りととともに是非行っておきたい、もう一つの神社にも参拝に行ってまいりました。

お伊勢さんのすぐ近くにある宇治神社へ

お伊勢さんこと伊勢神宮内宮の近くには、私もランニングを始めるまで存在すら存じ上げなかった神社があります。

その神社の名は宇治神社。

この宇治神社には大山祇神(おおやまつみ)という山の神様が祀られています。

他にも全部で25柱の御祭神が合祀されている宇治神社ですが、最も有名なのは宇麻志阿斯訶備比古遅神(ウマシアシカビヒコジノカミ)こと「足神さん」です。

野口みずきさんのおかげで有名になった足神さん

そんな宇治神社は昔、お伊勢さん参りに訪れた旅人が「帰りも無事に歩けますように」とお願いしたことから、足にまつわるお願いならなんでも聞いてくれる「足神さん」とも呼ばれるようになったそうです。

この足神さんの存在が広く知られるようになったのは、2004年に開催されたアテネ五輪・女子マラソンで野口みずきさんが金メダルを獲得した時。

伊勢を地元とする野口みずきさんが、大会の前に足神さんにお参りしていいた事がテレビなどで紹介されて以来、足腰の悪い人や陸上選手などが多くお参りに行くようになったそうです。

撫石を撫でながら来シーズンの足の無事を祈願

この足神さんを象徴するのが撫石(なでいし)。

この撫石と、悪い方の足を交互に撫でると、足が癒えると言われています。

そんな撫石を撫でながら祈ったのは、セカンドウィンド四日市メンバーの皆さんの足が、常に万全の状態にある事。

ついでに私の腰の完全治癒も祈らせていただいたという事で、そろそろ私自身も秋のレースに向けて、本格的に練習を再開していこうと思っています!!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら