肥満度を測定するBMIの数値より減量の必要性を再認識することに

5月8日の体重は太るか痩せるかの分岐点。

先日の記事で書かせていただいたように、先日見たテレビ番組「初耳学」の情報により、急遽GW明けの体重が気になってしまいました。

GW明けの5月8日の体重はいろいろな意味でかなり重要らしいので

2017.05.08

そこで早速昨日は朝より早速体重計に乗って見たところ、体重はベストの時から5キロ以上重い665.2キロ。

これは早速減量に向けた取り組みを本格化していかないとマズイと、昨日は思い始めていたのですが・・・

謎の1キロ減発覚から1日をスタート

今日は昨日に引き続き、まず向かった先は体重計。

そして体重計に乗ってみると、表示された私の体重は64.3キロとまさかの一夜で1キロ減。

昨日は全く走っておらず、食事制限をした覚えもなく、体重が減った理由は全くもって分からず、頭の中は完全に「?」状態となっていました。

1キロ減ったとは言えBMIは十分やばい数値

ただ1キロ減ったとは言え、まだ私の体重がマラソンランナーとしては致命的に重いことは間違いません。

その事が言える大きな根拠となるのが、私のBMI数値。

BMI(ボディー・マス・インデックス)とはで、体重と身長の関係から人の肥満度を計算する数値のこと。

そのBMIを計算するには、体重(kg)➗{身長(m)X 身長(m)}で計算できるのですが、それすらも面倒という事で、身長と体重を入れると自動的にBMIを計算してくれる計算サイトで数値を見て見ますと・・・

私のBMI数値は23.33。

ちなみにBMIは18.5未満で低体重、18.5〜25未満で普通体重、25以上だと肥満という事で、一応私のBMIは標準体重ということにはなっています。

ただマラソンランナーとしてはかなり高い数値である事は間違いないうえ、さらに私の身長から導き出せる適正体重は60.62kgと、やはりかなりの減量が必要な数値と言えます。

痩せなければいけない事は分かっているのですが・・・

そんなわけで今日は朝よりBMIの数値を計算してみて、あらためて減量の必要性を感じたのですが、相変わらず走れないほどの腰痛を抱えるうえ、今日は朝から何かと忙しく、夕方には結構疲れ果てていました。

そんな疲れ切ってしまっていた私が、食欲に負けてつい食べてしまったのが、マクドナルドのてりやきバーガーセット。

誰がどう考えてもかなりの高カロリーセットをペロリと食べてしまい、今日の摂取カロリーは間違いなく許容範囲を越えてしまったものと思われます。

こんな事では腰が良くなったとしても、マラソンレースでの復活はどんどん程遠くなってしまう事は間違いないという事で、明日からは口にする食事一つ一つについて、もう少ししっかりとした意識を持つよう心がけていきたいものです!!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら