日本ウオーキング協会全国スキルアップ研修会(三重)に参加してきました

記事の順番は前後しますが、昨日の午前中はセカンドウィンド四日市の土曜練習会を富双緑地公園にて実施。

そして練習後は慌ただしく近鉄電車に乗って、伊勢神宮内宮のお膝元にある神宮会館へ向かいました。

その目的は「JWA(日本ウオーキング協会)全国スキルアップ研修会」なるウォーキングの研修に参加するためでした。

宝の持ち腐れ状態の日本ウオーキング協会公認指導員資格・・・

ブログをはじめ、普段あまり人に話することは少ないのですが、私日本ウオーキング協会の公認指導員なる資格を持っています。

この資格を取得したのは、私がセカンドウィンド四日市を立ち上げる前だった記憶があるのですが、いまいち定かでありません・・・

この資格を取るためには、当時3日間の合宿研修に参加することが必要で、この合宿研修が開催されるのは年1回、しかも場所は全国各地の1ヶ所のみ。

私が参加すると決めた年は、広島県で開催とかなり遠方だったのですが、セカンドウィンド四日市を立ち上げる前に少しでも名乗れる資格を取得しておこうと、張り切って参加したことだけはよく覚えています。

ただ資格を取得した事自体はよかったものの、私自身ランニング指導がメインという事もあり、ウォーキング指導をする機会は極めて少なく。

そんな状態のため、この資格が完全に宝の持ち腐れ状態となっています・・・

研修のテキストはウォーキングに関する知識が満載

そんな宝の持ち腐れ状態から脱却すべく参加することに決めた、昨日の「JWA全国スキルアップ研修会」。

本来なら1日係の研修なのですが、私の場合、土曜の午前はセカンドウィンド四日市の練習会の方が大事という事で、午後の部から参加させていただきました。

到着すると配布されたテキストは、科学的な見地に基づいてのウォーキングに関する知識に関するものや、ウォーキングがどのように健康に関連してくるか?その理由は?・・・などがわかりやすく書かれた内容のものなど、ウォーキングに関連する知識がしっかりまとめられたものでした。

ウォーキング指導者としての心構えを見直すきっかけに

今回の研修で午後の部の講師をされたのは日本ウオーキング協会 専務理事の井上成美さん。

日本ウオーキング協会は私がちょうど資格を取得した年に当たる2011年に粉飾決算がらみが発覚し、問題になってしまったのですが、井上専務はその時の組織の立て直しに尽力された方。

そんな井上専務のお話は知識的な内容より、指導者としての心構えやウオーキング協会が今後目指すべき方向性などの内容がメイン。

そんな話を聞かせていただく中で、特に印象に残ったのは、「いまの時代、ウォーキング指導者としてただ正しい歩き方を教えるだけではダメで、観光やアウトドア・健康などを組み入れながら、幅広い視点で活動にあたっていくべき」という話。

これは今後の日本ウオーキング協会としての方向性の一つでもあるようです。

他にもリーダーシップや覚悟などウォーキング指導者としてあるべき心構えについて、いろいろな意味で気づきを得ることができた今回の研修。

今年度からはウォーキング指導やその関連活動についても積極的に取り組んでいこうと考えている私にとって、いろんな意味でいいきっかけとなる場となりました!!

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら