快適に走れつつ故障予防にもつながるジョグ・走り込み用ランニングシューズを求めてミズノランニングサイトへ

Featured Video Play Icon

度重なる故障が続く悪いサイクルから本気で抜け出すべく、5月より一からスタートする事にしました。

一からスタートという事で、気分を一新するためにはまずは道具から。

そこでランニングで道具といえば、真っ先に思い浮かぶランニングシューズを購入する事にしました。

現在私が所有しているランニングシューズ

現在私が持っているランニングシューズは下記の4つ。

・ミズノ ウェーブクードス

・ミズノ ウェーブエンペラー WIDE

・ミズノ ウェーブクルーズ

・アディダス アディゼロ タクミ レン WIDE

共通するのはレース用シューズという事で、ソールが薄いという事。

そして一番最近で購入したシューズ・ミズノ ウェーブエンペラーでも、購入したのは1年ほど前で、ウェーブクルーズとウェーブクードスについては、購入してから4〜5年が経っていてと、老朽化が著しいところです・・・

今回購入するシューズに求めるもの

今回購入するシューズに求めるものは、「クッション性」「軽さ」「安さ」の3点。

故障が続くここ4年ほどを振り返ってみると、レース用のシューズしか履いておらず、この事がここ最近続く故障の大きな要因の一つとなっている気がしてきました。

そこである程度クッション性のあるシューズを購入しようかと思っているのですが、やはり軽さは求めたいところ。

そしてしばらくはペースを上げて走るのは無理という事で、練習内容はジョグかロング走がメインとなると思われるため、それほど高いシューズを買う必要性はなく、できれば安いものを選びたいところです・・・

第一候補は「ミズノ ウェーブエンペラーTR」?

引用先:ミズノランニング ホームページ

私がフルマラソンで自己ベスト、セカンドベストを出した時に、ジョグや走り込み練習でメインで履いていたシューズが「ミズノ ウェーブイダテン」

このイダテンはクッション性もあり、軽く、安いと、今回求める要件に全て当てはまっていました。

・・・のですがミズノランニングのホームページを見てみると、現在このイダテンは廃番となっているらしく、その後継と言われているのが「ミズノ ウェーブエンペラーTR」とのこと。

そこでホームページで「ミズノ ウェーブエンペラーTR」の仕様を調べてみると、重さは約220gとまずまずの軽さ。

そして価格も税込10,692円と、イダテンと同じくらい。

そしてAmazonで調べてみると、少し型落ちにはなりますが色合い的にも、価格的にも、結構いいのがあったため、ポチろうと思ったのですが・・・

ミズノランニングのサイトを見ていると興味深いシューズが

引用先:ミズノランニング ホームページ

そんなことを考えながらミズノランニングのホームページのトップに戻ると、「ラントレにも、スピードトレーニングにも」というコピーで「ウェーブ ソニック」なるシューズのバナーが貼られていました。

そこでこのシューズの使用を調べてみると、重さは210gとウェーブエンペラーTRより約10g軽いようです。

さらにこのシューズ、ミズノで現在売り出し中なのか、ホームページでかなり詳しい特徴までが掲載されています。

その特徴については、読むだけではイマイチ把握しづらいところもあるのですが、ソールがフラットソールである点は、今の私にはいろいろな理由あって、ありがたいポイントだったりします。

そして金額も税込9,612円と、1万円でお釣りがくる安さ!

基本的に旬なものに飛びつきやすく、そして「クッション性」「軽さ」「安さ」の要素もある程度備わっているということで・・・

最終決断は後日記事にて・・・

・・・というわけでほぼニュージョグ・走り込み用として購入するシューズは、ほぼ「ミズノ ウェーブソニック」に決定しています。

ただランニングシューズにしては安いとは言え、1万円近いお買い物をそう簡単に決断を下すのもどうかとも思っています。

そんなわけでもう少しネットでの口コミなどをよく調べてから、最終決断を下したいと思います!!

 

今回の記事で気になっているシューズ

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

5年前までは単なるメタボな人でしたが、ランニングを始めて3ヶ月で15キロの減量に成功。フルマラソン自己ベストは2時間45分39秒。 現在はランナーとして練習を継続するとともに、マラソンクラブチーム「セカンドウィンド四日市」を立ち上げ、誰もが楽しくマラソンを継続できる環境づくりを目指しています!
フルマラソン自己ベスト:2時間45分39秒

詳しいプロフィールはこちら